【2022年ゲーミンググラボ】2022年現在で最新のGPUをシリーズ別にまとめてみました。

どもどもしんちゃんです。

なかなか下がる気配のないグラボ価格ですが、今回は2022年現在で最も新しいグラフィックボードを各メーカーのシリーズごとにご紹介していこうかと思います。

Amazonにて中国業者が絡んでいると思われる詐欺が横行しています。

必ずご購入前に販売元の評価、住所等の確認を行ったうえでご購入されることをお勧めします。

販売元の住所で日本国内の住所が記載されていても、住所の一部に不自然な中国語が含まれている場合は要注意です。

 

NVIDIA GTX シリーズ

このシリーズはロー~ミドルクラスのエントリーシリーズとなります。

下に行くほど性能が高くなります。

このシリーズで選ぶとすれば、RTX3050と比較的性能差が少ないGTX1660SUPERがおすすめです。

但し、ドラクエ10のように比較的軽いゲームを遊ぶ場合はGTX1650でも問題ないと思います。

GTX1650

GPUメモリ 4GB GDDR5
CUDAコア数 896基
ベースクロック 1485MHz
ブーストクロック 1665MHz
TDP 75W

GTX1650SUPER

GPUメモリ 4GB GDDR6
CUDAコア数 1280基
ベースクロック 1530MHz
ブーストクロック 1725MHz
TDP 100W

GTX1660

GPUメモリ 6GB GDDR5
CUDAコア数 1408基
ベースクロック 1530MHz
ブーストクロック 1785MHz
TDP 120W

GTX1660SUPER

GPUメモリ 6GB GDDR6
CUDAコア数 1408基
ベースクロック 1530MHz
ブーストクロック 1785MHz
TDP 125W

GTX1660ti

GPUメモリ 6GB GDDR6
CUDAコア数 1536基
ベースクロック 1500MHz
ブーストクロック 1770MHz
TDP 125W

 

 

NVIDIA RTX シリーズ

NVIDIA製最上位のシリーズです。

下に行くほど性能が高くなります。

性能に拘りたい方はこちらのシリーズから選択するようにしましょう。

こちらのシリーズは【RTX3060ti】【RTX3070】【RTX3070ti】など中間性能のGPUがおすすめです。

GTXシリーズを検討している場合は【RTX3050】も視野に入れて検討してもいいかもしれません。

映像に拘りをお持ちの方や、℮スポーツ用として選ぶのであれば迷わず【RTX3080】以上を購入するようにしましょう。

RTX3050

GPUメモリ 8GB GDDR6
CUDAコア数 2560基
ベースクロック 1552MHz
ブーストクロック 1777MHz
TDP 130W

RTX3060

GPUメモリ 12GB GDDR6
CUDAコア数 3584基
ベースクロック 1320MHz
ブーストクロック 1777MHz
TDP 130W

RTX3060ti

GPUメモリ 8GB GDDR6
CUDAコア数 4864基
ベースクロック 1410MHz
ブーストクロック 1665MHz
TDP 200W

 

 

RTX3070

GPUメモリ 8GB GDDR6
CUDAコア数 5888基
ベースクロック 1500MHz
ブーストクロック 1725MHz
TDP 220W

RTX3070ti

GPUメモリ 8GB GDDR6X
CUDAコア数 6144基
ベースクロック 1575MHz
ブーストクロック 1770MHz
TDP 290W

RTX3080

GPUメモリ 10GB GDDR6X
CUDAコア数 8704基
ベースクロック 1440MHz
ブーストクロック 1710MHz
TDP 320W

RTX3080ti

GPUメモリ 12GB GDDR6X
CUDAコア数 10240基
ベースクロック 1365MHz
ブーストクロック 1665MHz
TDP 350W

RTX3090

GPUメモリ 24GB GDDR6X
CUDAコア数 10496基
ベースクロック 1395MHz
ブーストクロック 1695MHz
TDP 350W

RTX3090ti

GPUメモリ 24GB GDDR6X
CUDAコア数 10752基
ベースクロック 1560MHz
ブーストクロック 1860MHz
TDP 450W
 

AMD RX シリーズ

AMD製のRXシリーズは6から始まる数字4桁で表記されている物が最新シリーズになります。

下に行くほど性能が高くなります。

エントリーモデルで探しているのであれば【RX6500XT】がおすすめです。

【RX6500XT】は【GTX1650】より性能が高いにも拘らず、【GTX1650】より安く購入することができます。

RX6500XT

GPUメモリ 8GB GDDR6
CUDAコア数 1792基
ベースクロック 1626MHz
ブーストクロック 2491MHz
TDP 132W

RX6600XT

GPUメモリ 16GB GDDR6
CUDAコア数 3840基
ベースクロック 1815MHz
ブーストクロック 2105MHz
TDP 250W

RX6800XT

GPUメモリ 16GB GDDR6
CUDAコア数 4608基
ベースクロック 2015MHz
ブーストクロック 2250MHz
TDP 300W

RX6900XT

GPUメモリ 16GB GDDR6
CUDAコア数 5120基
ベースクロック 1825MHz
ブーストクロック 2250MHz
TDP 300W

最後に

長々と掲載させていただきましたが、以上が2022年現在の最新グラフィックボードとなります。

最後にもう一度注意喚起させて頂きますが、くれぐれも詐欺にはご注意ください。

本日は以上になります。