【2021年8月版】今からでもGPUマイニングは始めるべき?【仮想通貨、イーサリアムマイニング】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shintyacom/20210817/20210817131657.jpg

関連記事

shintyan00.com

 

どもども

しんちゃんです。

昨年10月頃からじわりじわりと上がり続け今年1月頃から爆発的に上昇し、現在乱高下を繰り返している仮想通貨。

その仮想通貨のマイニングを今から始めても大丈夫なのか私なりに考察していきたいと思います。

 目次

そもそも仮想通貨とは何?

 デジタル通貨の一種であり、規制を受けておらず、開発者により発行され、通常コントロールもされており、特定の仮想コミュニティ内で受け入れられ、使用されているものである。2014年に欧州銀行監督局が「中央銀行や公的機関が発行したものではなく、法定通貨の裏付けがあるとも限らないが、自然人(個人)や法人に支払い方法として受け入れられ、電子的に移動、保存、取引される電子化された価値のあるもの」と定義した。

ウィキペディアより

 代表的な仮想通貨

・BTC/ビットコイン

・ETH/イーサリアム

MONA/モナコイン

・LTC/ライトコイン

マイニングとは

ビットコインイーサリアムなどの仮想通貨の取引承認に必要となる複雑な計算(コンピューター演算)作業に協力し、その成功報酬として新規に発行された仮想通貨を得ること。

仮想通貨の取引においては、不正防止のため、「ブロックチェーン」と呼ばれる仕組みを実装している。これは過去の取引の記録を保存した取引台帳のようなものである。取引のたびにこの台帳の更新を行わなければならない。そのためには膨大な計算を行う必要があり、「マイナー」と呼ばれる人たちが、コンピューターでその計算処理を実行している。結果として1番最初に更新に成功したマイナーだけに報酬が支払われることになる。これは、コンピューターによる計算能力を報酬に変える新たなビジネスとなっており、日夜、採掘(マイニング)に励むマイナーたちが世界中に存在する。

マイニングの方法には、一人で処理する「ソロマイニング」と、複数人で処理する「プールマイニング」が代表的だった。しかし、最近では「クラウドマイニング」という方法が注目されている。これはクラウドマイニング運営会社に資金を提供する方法で、マイニング機器への初期投資や、マイニングの知識がなくも参加できるというメリットがある。

日本でマイニングに適した通貨はイーサリアム

一般的に仮想通貨といえば「ビットコイン」を思い浮かべると思いますが、一般に普及しているマイニング機器では「イーサリアム」のマイニングを行います。

ビットコインが高いんだからビットコインのマイニングをしたほうがいいんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、ビットコインをマイニングする為には「ASIC」と呼ばれる高価な専用機器が必要になる上、電気代も高いので一般家庭ではほぼ利益が出せません。

イーサリアムマイニングで必要なものはGPU

先ほども説明しましたが、ビットコインをマイニングするためにはASICと呼ばれる専用機器が必要です。

ではイーサリアムをマイニングする為には何が必要か。

それはGPUです。

厳密にはGPUだけではないのですがそれは別記事で説明します。

GPUとは別名グラフィックボードとも呼ばれているパソコンパーツの一つです。

このGPUを利用してマイニングを行うわけですが、GPUなら何でもいいわけではなく比較的性能の高いGPUでなければ利益を上げることはできません。

性能の低いGPUでマイニングができないわけではないですが、性能の低いGPUを使用するとマイニング報酬以上に電気代が嵩み赤字になってしまいます。

ですので比較的性能が高く低電力で運用できるGPUを使用しましょう。

お勧めのGPU

NVIDIA GeForce GTX1660SUPER

NVIDIA GeForce RTX3070

以上はいずれも比較的低電力でマイニングをすることができるGPUです。

但し、NVIDIA GeForce RTX3060や製品名に「LHR」と表記のあるものはマイニング制限のかかっている物になりますので注意が必要です。

 

 実はしんちゃんもマイニングをしていた【売却済み】

実は今年の1月末から私も密かにマイニングを行っていて、一人1台とPCショップで購入制限がある中地道に1台ずつGPUを購入してマイニングをしていましたが7月末に全て売却しました。

しんちゃんがマイニングマシンを早期売却した理由

・ブログ、YouTubeを始めるための資金調達 

・契約内容ギリギリで電力を使用していた為頻繁にブレーカーが落ちていた

イーサリアムアップデート「ロンドン」による報酬低下を危惧

イーサリアム2.0完全移行時の中古GPU大量放出によるGPU価格低下を危惧

契約内容ギリギリで電力を使用していた為頻繁にブレーカーが落ちていた

我が家では30Aで契約を行っています。電力換算で3000wですね。

それに対して

・マイニングマシン/ 約1500w

家電

・冷蔵庫

・エアコン

・電子レンジ

・洗濯機

・炊飯器

・給湯器

等々・・・

余裕で3000Wを超えていた為、家電は常時電源のものを除き3つ以上同時に使用することができず、頻繁にブレーカーが落ちていました。

イーサリアムアップデート「ロンドン」による報酬低下を危惧

イーサリアムの大型アップデート「London(ロンドン)」とは

 

 アップデートの内容に新しい手数料の導入と言うものがあったので報酬額が下がるであろうと予想しておりましたが、結果あまり下がりませんでした。

ここら辺はちょっと失敗したかなと思っております。

あと2ヶ月くらいは手放すべきではなかったですね。

 イーサリアム2.0完全移行時の中古GPU大量放出によるGPU価格大幅低下を危惧

年内になるか来年になるか定かではありませんが、イーサリアム2.0に完全移行するとイーサリアムのマイニングが完全に終了となります。

その際、別の通貨へ移行するユーザーとマイニングから撤退するユーザーに分かれると思います。

その比率によって某オークションサイトやフリマアプリに流れるGPUの数が決まるわけですが、もし大半が撤退するとなった場合かなりの数のGPU流入することになります。

そうなると大幅な価格低下を引き起こし二束三文の価格で売却せざるを得ない状況に陥る可能性があります。

以上を踏まえて今からでもGPUマイニングは始めるべきなのか?

みなさんもなんとなく察しているかと思いますが、今からマイニングを始めるのはお勧めしません。なぜなら未だにGPUの価格が高騰している上に現在主力であるイーサリアムマイニングが近々終了となっているので終了後の売却金額等を考えると収支がマイナスになる恐れがあるからです。

但し、他の通貨に移行する予定で採算が取れるようであれば今から始めるのもありのような気はします。イーサリアムに比べ報酬額はかなり減ると思いますが・・・

 

と言うことで今回の記事は以上です。

みなさんマイニングや仮想通貨取引は慎重にね!

 

関連記事

 

shintyan00.com